カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20210311

東日本大震災から10年が経ったらしい。私の生まれは南の方なので被害の大きかった東北の方には幸い知り合いがいなかった。とはいえ、直接誰かや何かを失ったわけではない私でも連日津波の映像とACのコマーシャルしか流れないテレビの画面を忘れることはできない。現地にいた人、現地に近親者がいた人であれば、その記憶はもっと強いであろう。「風化させてはいけない」みたいな言説は半分賛成で半分反対である。賛成の部分はとにかくこの災害大国では令和になっても地震津波の前では無力なのだから、皆が正しい知識や対策を先の震災から学んでおく必要があると思うからである。反対の部分は脳死で「忘れるな!」と言っている人たちは何のために忘れて欲しくないのかがイマイチ分からないからそれがちょっと嫌という理由。忘れたい人たちだっているし、忘れて3/11にニコニコしていることの何が悪いんだろう。地球が誕生した時点から、人は死ぬし、地面は揺れるし、波は立つ。わざわざ不謹慎なことは言う必要ないにしても、3/11に嬉しい報告をしてはいけないということもない。

今日は元バイト先のリモート送別会があった。塚田農場の家飲み便が届いて、体験が良かった。

改めて、素敵な環境で素敵な人たちと素敵な仕事を2年半もできたことを嬉しく思った。狭い業界なのでまた会いましょう、という挨拶ができたのも嬉しかった。これからもインターネットで生きていきます。