カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20210307

4月から働く予定の会社から研修に向けて面談しますよ的なお知らせが届いた。別に海外拠点の英語話者と一緒に仕事するわけでもないのに、なぜか面談が英語らしくて震えている。研修の外部講師の方がおそらくアメリカ人っぽくて、その方と話すっぽい。こう見えて学部時代は英語研究部(笑)に所属していたし、学部や研究科の名前に「国際」と入っている。これだけ聞くとなんだかめちゃくちゃ英語ができそうな雰囲気があるが、実際はまともにTOEICなど受けたことがないし、英検すら持っていない。ライブラリのドキュメントが英語だったら仕方なく読む時くらいしか英語に触れる機会がないので、かなりまずい。あとはサウスパークで聴き流している汚いスラングしか手札がない。詰んでいる。