カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20200706

昼前に起きて、ぼんやりした頭でメールをチェックしていたら、第一志望の企業からのお祈りメールがそっと届いていた。

慎重に検討いたしました結果、誠に残念ながら今回は
貴意に添いかねる結果となりました。

「にゃ〜ん」って声に出してしまった。まあ、今後のご活躍を心からお祈りされているので、多分この先私は大活躍するんだと思う。思えば(自分にとっては)とても長かった就活で、別にたくさん企業を受けたわけでもないし、チョー頑張ってたわけでもないけど、長い期間、4月からどこで何をしているのかが不透明で、常に評価を受け続けるというのは少なからず負担だっただろう。本当にえらい。マジで。立派だよあんた。4月からは渋谷で働くんだけど、井の頭線沿いのいい物件は結構ストックしてあったのでその空き状況を見たり、東京の行きたい場所をボーッと眺めたりしていたら、気持ちが落ち着いた。切り替えが早いのが長所です!って面接でも言ったが、本当に長所じゃねーか。