カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20200412

ホテルの1階にあるレストランで最後の晩餐。料理長が私たちのことをこの滞在中に覚えてくれていて、「順調ですか」とか声をかけてくれていた。「長期滞在しているホテルの人に覚えてもらって、会話をする」というのは村上春樹とかの小説に出てきそうな実績なので解除できてよかった。そんな素敵レストランも明日からいったん閉業らしい。確かにここ数日、私たち以外のお客さんが本当にいなかったので、本当に厳しいんだと思う。たくさん補助金もらって欲しい。