カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20200302

元気なので映画2本見た。

www.youtube.com

これはシリーズ3作目で1,2作目は観てないんだけど、めちゃくちゃ面白かった。こんなにコテコテのコメディを観るのはかなり久しぶりで、自分は結構メッセージ性のない作品を観たい周期がよく来るのでもっとクソしょうもないコメディ観たいね...という気持ちになった。

夜はレイトショーで「ミッドサマー」観ました。

www.youtube.com


以下ネタバレあるかも。

A24とアリアスター監督のタッグは前作の「ヘレディタリー
」から結構好みだなと思っていて、今回も結構楽しみにしていた。前評判みたいなのがどんどんTwitterなどに流れてきていて、「ヘレディタリーよりグロい!」だの「あれはヒーリング映画だ!」だの。なるほどそうなのか〜くらいの気持ちでもちろん考察記事とかは読まずに行った。(そもそもそんなに考察記事読むタイプでもない)

感想としては「こういうのもあるのか」という感じで、2時間半あっという間だった。自分はホラー映画ないしサイコスリラー映画みたいなものに「非日常」と「恐怖の擬似体験」みたいなものを求めていて、それは音だったり演出だったり脚本だったり色々な要素から摂取できる。特に急に驚かせてくる系のシンプルな恐怖は家よりも映画館の音響ならではみたいなところがあるから、映画館でホラーを観るのが結構好き。そういう点ではミッドサマーは「音」で驚いたり怖くなったりすることはそこまでなかった。いや、あった。なんかホルガ民族の共感シーン(痛みを感じる人と一緒に叫ぶみたいな)は結構怖くて、音圧ヤベ....ってなった。

不気味というよりも、こんなクレイジーさや不合理さは時代遅れだとされているけど意外と現代の私たちが観てもしっくりくる部分はしっくりくるし、スカッとするよね〜って思って、映画館出る時には結構心が晴れやかになったので、ヒーリング映画ってのもうなずけてしまった。