カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20191203

”正直になる”というのは簡単なことではない。人間誰しも格好付けたいし、嘘も方便だなんて言葉すらあるのだから、人間の長い歴史を辿ってみても嘘や虚栄なんてごまんと転がっている。だからこそ正直になれる空間や時間は、多分貴重だ。多分。知らんけど。でもチョットワカル。就職活動をしていると、どうしても正直ではいられないことが多い。自分をよく見せたいし、相手をがっかりさせたくない。そんな駆け引きが少なからず存在してしまう。本当は私は「暖かくなったらお外でピクニックがしたい」のに....そんなこと言ったらダメなのはサルでも分かる。サルワカ!最近ちょっと気付いたのは、結局自分が生活していくために仕事をしていくのは逃れられない決定事項なのでどうせなら楽しんだらいいんじゃないか、楽しくなくなれば別のことを始めればいいのではないか、じゃあ今おもしろがれそうな方向や分野や地域に行こうね、ということです。向こう3年のことすらイメージできてないけど、ソフトウェアを作ることが今楽しいし、(自分の周りの人だけでも)インターネットを平穏に快適に使えるような仕組みを作ることができたらいいなとぼんやり思っているから、それ以上でもそれ以下でもないのかな。私はやっぱりインターネットが好きで、そこに小難しい理由なんてなくて、じゃあそれでいいんじゃない、と。いっか!というポエムです。