カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20191008

四月は君の嘘を駆け抜けるように全話観ました。今更観た感もあるけど、普通においおい泣いてしまった。観ている間は「早よ付き合えや」という感想しかないし、展開もある程度読めてはいるはずなのによ…。絵と音楽が綺麗でとても見やすかった。いい意味でクセがなくて、スッと入ってくる感じ。

こういう状態なので次の日目が腫れぼったくなる。人の物語でしか泣けない人生ですが、強く生きています。