カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20190625

知覚的流暢性という言葉がかなりしっくりくる。趣味ありますかとか好きなものなんですかって質問をした時に、自分は別にその分野や物事に全然知識も興味もないんだが、なんだか気になる話し方をする人がいて、彼らはきっとこの知覚的流暢性を高めているんだと思った。なぜ好きなのかなぜ面白いのかなぜハマるのか、この辺りが理路整然としている人の話は納得できるし説得力があって、純粋にそのコンテンツが気になってくる。

そういう話し方を心がけような!オタク!