カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20190507

食べた

  • 朝:フルグラ
  • 夜:なに食べたっけ…

読んだ

dot.asahi.com

>なんか泣いちゃった…

誰にも言えませんが、最近、風呂に入っていると涙が出てきます。弟たちのことだけでなく、振り返ればとくに心を割って話せる友人もいないことに今さら気づきました。
どうやってこの後の人生を過ごしていいか、お恥ずかしいですが、孤独で、寂しくてたまりません。

この人はまだ気付いたから救いようがあると思うけれど、気付かずに死んでいく人も多いだろうな。価値観が違ってそこに優劣が無いとか当たり前だし、自分は大丈夫と思いがちだが、明日は我が身と思って謙虚に生きような。風呂で泣かない老後のために。

思った

子供の頃は天文学者になりたかったり、獣医になりたかったりした。当時は理系的な文脈でそう言っていたんじゃなくて、読んだ本とか観た映画とか好きなものとかに影響されていただけなんだと思う。例えばホーキング博士に影響されたり、Dr.ドリトルに影響されたり、といった感じだ。しかし中学高校と壊滅的に数学ができなくて…。こんな感じで夢破れて山河有りみたいな文系学生多いのでは。特に得意科目もないと数学の穴をカバーすることは不可能なのよね…。

お茶の話します。コンビニでお茶買う時、すごい迷うんです。やはりプライベートブランドのお茶が他のよりも20~30円くらい安い。味もそんなに違いが分からないので、安いのを買った方がいいのかもしれない。でもなんか分からないけどたまに綾鷹を手に取ってみたり、爽健美茶に浮気してみたり、午後の紅茶おいしい無糖で冒険してみたりしちゃう。生活におけるほんの些細な意思決定なんだけど、実は結構な頻度でやっている決定だし、実はこの意思決定によって神経をすり減らしているんじゃないかと最近思い始めた。ジャスミン茶とかもろこし茶とかそば茶とかのイロモノ系が存在するのもこの意思決定を難しいものにさせている大きな要因だ。お茶ってどれもそこそこ美味しいから余計にタチが悪い。早くこの呪縛から解放されたいと思っているうちに夏が来てしまう。

聞いた

叫びながら自転車を漕いで
僕ら大人になること考えてる
叫びながら泣きわめく
僕ら大人にならないと誓うのさ