カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20190112

食べた

  • 朝:フルグラ
  • 夜:トマトソースパスタ、小松菜とえのきの卵スープ

読んだ

togetter.com

>人生通して色々なコンテンツに触れたが百合の良さはほんのりしか分からないが、こいつらが言いたい「レズ」と「百合」は違うというのはなんだか妙に納得する

note.mu

>ゾウのお人形とかめちゃくちゃいいなと思っていたら、後半ほぼアイマスじゃねえか、ってなった

思った

美容室というものがどうも苦手だ。これは偏見かもしれないが、私の経験則によると「美容師さんとは絶望的に趣味や価値観が合わない」のである。

私が高校生の時。そろそろ1000円カットなんぞ卒業して、地元の「オシャレ番長」になるぞと意気込んで向かった美容室。そこで私は震え上がることになる。以下、会話の様子である。

「高校生?」
「はい」
「今日学校どうだった?」
「今日は体育祭の練習がありました、騎馬戦とか」
「あ〜騎馬戦な(笑) 騎馬戦好きだったわ〜(笑)」
「え、騎馬戦ってそんなに良いものですか?何が好きなんですか?」
「え、だって、合法的にマジムカつく奴とかボコれんじゃん(笑)
「え、あ〜(笑)」
「普通に骨折ったりしてたわ〜流石にヤンチャが過ぎたな(笑)」
「え、あ〜(笑)」
「あ、長さこんくらいでいっすか?(笑)」
「はい大丈夫です(震)」

こんな感じだった。マジで。それからというもの、美容師さんとうまく喋ることができない気がして(実際喋ろうとトライしてくださった美容師さんとはことごとく会話が弾まなかった)行きつけの美容室というものは作らず、渡り鳥のような生活をしている。

挙げ句の果てに、こんなことまでしている。全国の美容師さんに謝った方がいいと思う。ごめんなさい。

聞いた

明日地球がこなごなになって
宇宙のちりになって消えたら
プリズムみたいなおしゃれして
最低!ってそう言って寝込んでやる