カレーのライスを炊き忘れ

備忘録を兼ねたインターネットの海に埋もれていく日記

20181101

食べた

  • 朝:シスコーンとチーズトースト(またか)
  • 昼:
  • 夜:しゃぶしゃぶと日本酒のお店🍶

思った

自分にはオタク気質がない。オタク気質がないということに絶望する。
何か1つでもいいからものすごく詳しかったり、他のことを放り出してまでも打ち込める何かを持っていたりしたい。オタク気質がある人は話をしていて面白い。どうしてそんなことまで覚えているの。なぜそんな着眼点を持ってそのコンテンツに向き合ってるの。

趣味は何?好きなものは何?と聞かれて、胸を張って答えられるものが何もないということに最近気付く。
音楽がそこそこ好きだ。でもUKロックオタクであるはずもなくビートルズを齧ってるくらいだし、オルタナオタクであるはずもなく友人から教わったWeezerBlurを聞いて気持ちよくなっているだけだ。くるりフジファブリックが好きだけど、何らオタク的視点で語ることのできるものは何もない。歌詞が良いメロディが良い。そんなこと誰でも言えるし知っている。

映画もまあまあ好きだ。じゃあ1番好きな映画は何?と聞かれても答えられる自信がない。LEON?ライフイズビューティフル?バックトゥザ・フューチャー?全部観たことはあるけど、じゃあ監督は誰?その監督の作風は?どういう背景で作られた?あのシーンは何のオマージュ?何のメタファー?知らない知らない知らない。駄目だ語れる映画がない。面白かった、好きだった、とかいう感想しかないのだもの。

結局のところ中流サブカルクソメガネとして色々なコンテンツに首を突っ込んでいくしかないし、それが自分的には良いものを純粋に良いと思えるスタイルなのかなと思ってはいるんだけれども。別にオタクになりたいとまでは言わないけれど、でもやっぱり憧れはあるよね。と、ふと思いました。

聞いた

何がリアル何がリアルじゃないか
そんなこと誰に分かるというか