カレーのライスを炊き忘れ

まいにちたのしくにっき!

何のために働いているのか

最近は何のために働いているのかいまいち分からなくなっている。これは別に今の職場環境が悪いとか、そういう話ではなくて、私の人生の向き先とか、そういうレベルの話である。

ソフトウェアやその周りの仕事をすることは楽しくて、ある程度適性があって、それなりにうまくやれているつもりである。しかし、ふとした瞬間になんだか収まりのいいところに収まった自分が嫌になることがある。本当にやりたいことが見つからないまま、ヌルッとサラリーマンになって、その生活に体が馴染んでいく。雇われて働くのはとても楽で、心地が良い。

でも何かが違う。見えない誰かのためにサービスを作って、動かして、それが私や会社や社会にとって、何になるのかよく分からない。もっと目の前で苦しんだり困ったりしている人に、ダイレクトに役に立ちたいと思うことがある。しかし、その役に立ちたい内容は具体的には何も思い付かない。多分それくらい薄っぺらい使命感やそれに似た何かなんだと思う。今の会社でのソフトウェア開発という仕事は今のところ、その使命感ライクなものを(私にとっては)満たしてくれるものではない。

この空虚な違和感には多分様々な原因がある。例えば触っているレイヤがそうさせているのではないか?とか事業領域が違えばもっとクリティカルでエッセンシャルなサービスに従事できるのでは?とか会社の規模が小さければ自分が会社のために何かを為している気になれるのでは?とか。多分どれも少しずつ、この問題を引き起こしているものだと思われる。

とはいえ、じゃあ転職しましょうか、という結論を引き出すにはまだ早い。私だって自分がまだまだペーペーの新卒で、スーパールーキーでも何でもないから、このまま転職したとしても自分の求める給与水準にはちっとも届かないスキルしか持ち合わせていないのは分かっている。仕方がないけれど、お金はとても大切である。それに、これからもっと裁量のある仕事が巡ってくれば、仕事への考え方やモチベーションも大きく変わる可能性だってある。自分がまだ研修から卒業して少ししか経っていないことも頭の中では分かっている。それでも何かを為したい、これは誰の役に立っているんだ、などと考えてしまう。

結局何かを変えるとか、そういうことは今はできないし、しない方がよさそうだと思う。何も具体的にやりたいことを描けていない状態では、どこに行っても何をやってもダメなのは自分が1番分かっている。いつ終わるのか分からないコロナウイルス周りの息苦しさも相まって、きっと少し参っているだけでもある。

適度にインプットを行い、自分にとって都合のいい情報を手にして、適度に吐き出せているうちは大丈夫だと思っているから、今もこうして書き出しているうちにかなり落ち着いてきている。

多分こうやってだましだましやっていくしかないし、それで意外と10年20年やっていけるもんなのかなあ、とも思う。

引っ越しました

無事引っ越しました。歩いて5分の距離に新しい家があるの、意味が分からないと思いますが、もう神戸に来てこれを3回やっている。7月末に内覧し、部屋に一目惚れ。物件ファンにも載っていた物件で、まさか本当にあの物件ファンに載っている物件に住めるとは思っていなかった。ついに「物件ファンに載っている物件に住んでいる人」になってしまったわけである。部屋は1LDKで、駅徒歩2分。1階にはジムとコンビニが入っている建物で、家のすぐそばを川が流れている。部屋からは山と海と観覧車が見えて、全てが広い。家賃は安くはないが、同居人と折半なので高くもない。というか大学生時代から住んでいた元々の部屋が安すぎた(4万円)。エレベーターなし6階で、管理会社はすぐ音信不通になり、風呂とキッチンが死ぬほど狭くて、カーテンのない家だった。引っ越しは美味い飯を友人に食べさせることで買収し、過酷な労働をさせた。本当にありがたい。足を向けて寝られない。やはり長い時間過ごす家が便利で居心地がいいのは、QOLの高まりを感じる。もうこれ以上不便な部屋には今後住めない体になってしまうかもしれない。コロナが早く落ち着いて、ひっきりなしにこの家でパーティーをやりたい。

引っ越し業者を頼んでおらず、徐々に引っ越しを進めている。重たい荷物(洗濯機や冷蔵庫など)は流石に人力を増やさないと運べないので、来週友人を招集して馬車馬のように働いてもらうつもりである。新居のインターネットが無料で付いているがJCOMというのが、ちょっと心配なところであったが、先日実際にPCを持ち込んで新居からリモートワークしてみると、回線の遅さはそこまで顕著ではなかった。

f:id:odmishien:20210824193015p:plain

計測してみると下りは全く問題なくて、どちらかというと上りが心配な数字ではある。JCOMは純粋な光インターネットではないらしく、上りが出ないのは仕方ないらしい。1番よく使うZoomの推奨帯域を調べてみると 、1番帯域を食うであろう「1080pHDビデオ」でも「3.0Mbps(上り/下り)」あれば何とかなるらしい。なんかもっと帯域食うイメージがあったけど、最近はちゃんと最適化されて、全然普通の回線でもやっていけるんですね。流石にApexとかやると死にそう。ポケモンユナイトは普通に快適にできた。

新居は本当に最高で、広くて常にニコニコしている。風呂とトイレが別な家に住んだのが8年ぶりとかなので、もう咽び泣いている。

家賃払うために仕事を頑張るし、仕事するのは基本的に家からなので、1番長い時間を過ごす場所に投資するのは正しいムーブだと自分に言い聞かせている。

週休2日では休みが足りない感じになっていて困る。それどころか、最近は連休が何度かあったので3連休でも足りていない感覚さえある。やはり人類はそろそろ週休2日制に限界を感じるべきであり、そうしないとかなり厳しいかんじがある。いまもかなりねむくてもじをうっていられな

結局会社に行く必要はもはやないということになっていて、完全にリモートワークに両足を突っ込んだ形になった。自分はかなりリモートワーク適性があるというか、真面目な性格ではないので、程よく気と手を抜きながら、とはいえビビりなところもあるので、最低限このクオリティは出さないといけないというちっぽけな使命感に燃えながら、ゆるりと生きている。
こんな窮屈な世の中でもやはり持つべきは話し相手で、上長と毎日30分話す時間を設けてもらっている。夜は同居人と話すし、ポケモンユナイトをやりながら旧友と他愛もない話をしている。やはりインターネットは偉大。とはいえもっと盛大に色々な人と濃厚接触したい気持ちがあるので、早くワクワクチンチンしたいが、チンチンしたとしても新しい株には対応できないみたいなニュースも流れていて、もはやこれまで。